SMART WORK STYLE

スマートワークスタイル

スマートワークスタイルの推進

「Smart & Live!」で働き方改革

スタースタッズでは、「Smart & Live!」を掲げ、収益性の高いビジネスコンテンツに取り組み、ライブ空間を自由にビジネスの場として活用できる「働き方改革」に取り組んでいます。

労働時間の自由な割り振りの中で、時間軸を決め、効率的に働くことで報酬の最大化を目指しています。「時間がない」「仕事量が多い」こういった概念から解き放たれるための自由な労働時間と、「時間ができた」「報酬が多い」ことへの恩恵を最大限に受け取ることができるライブ空間を「スーパーフレックス制」や「ビジネスライブコンテンツ」などを駆使して創出していきます。

そして会社全体がイノベーティブかつクリエーティブになり、働くことそのものが「Live!」である状態を実現するとともに、より高い成果へ結びつけることを目指しています。

働き方改革に向けた取り組み
「Smart & Live!」を実現するために、さまざまな取り組みを行っています。
スーパーフレックスタイム制
コアタイムを撤廃し、業務状況などに応じて始業時刻・終業時刻を日単位で変更できます。
在宅勤務制度
育児・介護・障がいなどで勤務時間の制約がある従業員は週3回まで在宅勤務が可能。また、勤務時間の制約がない従業員は、原則月5回まで在宅勤務を可能とし、最適な働き方を自ら選択して業務に取り組むことを推進しています。
ビジネスライブコンテンツ
スマホ一台で、24時間365日、どこからでもビジネスができる環境作りを進めています。介護や育児で日常に大きな変化があった場合でも、ほっと一息ついた後に生計を支えられる経済活動を目指しています。雇用契約以外にも、インセンティブ契約のみで成功報酬として収入を得ることができます。

[ 注 ]
※経済産業省およびプレミアムフライデー推進協議会が推進する消費喚起施策である「プレミアムフライデー」の趣旨に賛同し、毎週金曜日の午後4時を退社奨励時間としています。

今後は、新たな人事制度の導入により、厚生労働省が推進するポジティブアクションの指針に従い以下の事柄を推進していきます。
女性労働者の労働意欲の向上
女性の活躍が周囲の男性に刺激→生産性が向上
多様な人材による新しい価値の創造
幅広い高い質の労働力の確保
外部評価(企業イメージ)の向上
「女性の採用拡大」と「女性の職域拡大」とは密接に関係しており、これらの取組が進んでいると「女性の管理職の増加」も効果的に進められます。「女性の勤続年数の伸長」と「職場環境・風土の改善」はこれらの取組を支えるものです。